転職市場では公務員という肩書はどう見られる?

今日は公務員から民間企業へと転職されたい方向けの内容です。
※ブログ再開後は、遠慮なく好き勝手に書こうと思っていますので、かんに障ることや、腑に落ちないな・・という内容もあると思いますが、公務員退職後、ほぼ10年、人材業界でも活動してきた者のいち意見として読んでいただければと幸いです。

早速ですが、転職希望者の方々のなかで多いご質問が、

面接では公務員ということはハンディになりますか??

というものです。
当たり前に気になる質問だと思います。

まず公務員からの転職の大前提として抑えておかなければならないことがあります。

それは、

公務員から民間への転職は、

民間から民間への転職

とは比較にならないほど困難

ということです。
つまり、スタートラインからして、公務員組はけっこうなハンディを背負っていると考えてください。

公務員を退職して転職されたい場合、面接では必ずと言っていいほど下記の質問を受けます。

なぜ公務員を辞められる(辞められた)のですか?

お聞きしづらいですが、何か問題でも起こされたのですか??

これは冷静に考えるととんでもなく失礼な質問です。
民間企業からの転職組に対して、こんなことはまず聞かれません。
対公務員だけです。

それだけ、世間一般では安定した身分である公務員を自主的に退職する人は相当に稀な存在だと思われているということです。

これははなから

公務員を辞める人(辞めた人)=役所内で何か不祥事を起こした、もしくは問題職員だったのでは?

と思われている訳です。

個人的には、公務員であったということは、転職市場ではプラスに作用することは少なく、むしろマイナスに作用することの方が多いと思っています。
企業からすれば、先入観として元公務員とは得体のしれない存在ですので、良い印象を持ち、面接をしてくれる人は少数派です。
これは残念ながら10年前も今もほとんど変わっていません。残念ですが。

じゃあ転職を諦めるか、となるのかといえば、こんなことで転職を諦めるくらいならそもそも転職活動なんて止めたほうがいいです。
そんな弱い意志で恵まれた公務員から民間企業に転職をしようと思うくらいなら、仮にできたとしても、民間企業の利潤を追うという重圧にはついていけないでしょうし、そもそも向いていません。

民間企業とは利潤を追求する組織

という基本原則への理解が不十分な可能性があります。

という訳で、今日のブログの結論としては、私の中では公務員からの転職は、どうもいまいち幸せになれないケースの方が多いのでないかな~とここ最近は考えているというものです。

つまり、安易な転職は、仮に転職できたとしても、思い描いていた幸せとはちょっと違うのでは?と。

実際に周囲を見ても、幸せに第2の仕事人生を歩んでいる方ももちろんいますが、全体的に見ると、どうも転職組に幸せそうな人があまりいないように感じます。

このあたりはまた追々書いていきたいと思います。

Pocket